【写真】演奏中のIsesaki dandies。左からピアノ小杉雄一さん、コントラバス天田隆さん、ドラムス斉藤忠男さん。手前がヴォ−カルの森田ちひろ(左)とJames.K,。その真後ろで見えないのが、ギターのスーパー清水さん

華麗な演奏とヴォーカルのダイナミックな歌声に酔う
ジャズバンド「Isesaki dandies」デイナーショー

 ジャズバンド「Isesaki dandies」(天田隆代表)は8月29日、日本料理の一心太助連取店(伊勢崎市連取町1797-1)で、酒味の会主催のデイナーショーに出演した。ゲストヴォーカルに招かれたのは、2009年の浅草ジャズコンテスト全日本グランプリを受賞したJames.K,、群馬県の女性ジャズトップシンガーの森田ちひろ。

 「オールオブミー」などのスタンダードジャズ、「イエスタディー」などのポピュラー。さらに「ゴッドファーザー愛のテーマ」「慕情」などの映画音楽など、幅広いレパートリー全20曲余を披露した。

 観客は食事を楽しみながら、華麗なバンド演奏に酔いしれた。重厚で迫力のあるJames.K,とパンチの効いた、時にはしっとりと会場に響き渡る、森田ちひろの歌声に聴き入った。

 固定メンバーの天田さんがコントラバス、小杉雄一さんがピアノ、スーパー清水さんがギターを担当。ドラムスで斉藤忠男さんが参加した。

 天田さんは会社役員、小杉さんは伊勢崎市内の歯科医、清水さんはカフェ&ライブハウスを経営しながらバンド活動。ステージは年10回程度で、県内のジャズクラブやライブハウスを会場に、30年近く活動を続けている。

 酒味の会主催のデイナーショーは今回で3回目。12月25日は一心太助連取町店で、クリスマスディナーショー開催も予定している。(2018年9月18日)

【写真】手拍子も沸き起こった伊勢崎ジュニアオーケストラの演奏

経済団体伊勢崎支部の納涼会で室内演奏
伊勢崎ジュニアオーケストラ

 伊勢崎ジュニアオーケストラ(平田進団長)が8月21日、伊勢崎市喜多町の結婚式場、プラザ・アリアで室内演奏を披露した。群馬中小企業家同友会伊勢崎支部(長島誠支部長)の納涼会企画として出演した。

 親しみのある「ローレライ」や「パッヘルベルのカノン」など全6曲を披露。リズミカルな「ラデッキー行進曲」では、会場から手拍子が沸き起こった。
指揮やクラリネットなど、群馬交響楽団員も3人加わり、演奏を引き締めた。アンコールには「蛍の光」で応えた。

 楽団員は、伊勢崎市内や近郊の小学生や高校生(7歳〜18歳)30人。現在、団員を募集中。毎年4月開催の定期演奏会、12月にはアンサンブルコンサートを開いている。室内演奏はロータリー・ライオンズクラブなどの他、各所からの依頼に応じて出演している。(2018年9月7日)
1  2  3  4